カウンセラーのこころのお話

自分との向きあい方

 私たちは、時に 学校で職場で『自分と向きあってみてください』『自分と向きあってみましょう』と向きあうことをすすめられることがありますが

 みなさんは、『自分との向きあい方を知っていますか』『向きあえていますか』いろんな方に問いかけさせていただきますと『向きあい方がわかりません』『向きあえていません』とのお答えが多数をしめています。

 自分と向きあうことができている方は、人間関係においても 自分の人生の方向性においても 『生きやすい心がアップする』1つの得策でもあります。

 カウンセリングルームSUNでは、ご相談者様のご相談内容によって、向きあいが有効と思われるご相談者様へは『自分との向きあい方』の伝授、習得もさせていただいています。

『何かしらの気づきからの心の変化』『自分との向きあい』があってこそ『生きやすさが生まれます』

 カウンセリングルームSUNは、皆さまの『向きあいのお手伝いも、これまで以上に努力をさせていただきます』

SUNで喜ばれているカウンセリング内容の数々

否定のない環境で、弱音を吐きたかったり、

自信がなく自信を持ちたかったり、

自分では八方ふさがりな不安から前進したい、

人間関係を良好にしたい、

自分を変えたいなどの方々より、一層喜ばれています。

人間関係では、職場・夫婦・親子・学校での先生によるもの・部活関連・いじめ・進路・恋人などのご相談内容でよろこばれています。

心の不安や悩みは、カウンセリングルームSUNあらかわが、しっかりフォローさせていただきます。

カウンセリングルームSUNあらかわのカウンセリング

カウンセリングルームSUNあらかわのカウンセリングは、
『 自分をみつめ、向きあうことによって 自分の生きやすい方向性を見つけ出せる居場所 』
としてお手伝いをさせていただいております。

だからこそ、気持ちをまるごと隠すことなくお話しいただき、苦しい心の本質を見つけ向きあいのお手伝いもさせていただくことによって みなさんの『 苦しくつらく どうしてよいかわからない気持ちなどに《 気づきという 》変化の《 生きやすさの 》種を根づかせさせていただきます 』

時折、お問い合わせなどで

くるしく、つらい気持ちなどからだと思われますが『 私は、過去にこんなことがあって 現在○○と診断されているんですが治りますか! 』と強い口調でお問い合わせをいただいたり

どんなカウンセリング療法によって治してくれるんですか!『 認知行動療法ですか催眠療法ですか箱庭療法ですか! 』などの詳細な説明がご自身を助けてくれると言わんばかりに『 心理療法 』の内容説明を突っ込んでグイグイ聞き出したい一心の方

など お気持ちは痛いほどわかります。

ですが、本質は

カウンセリングの種類や療法などが自分を助けてくれるのではなく ひとが自分を助けてくれることでもなく

自分を見つめる・自分を知る・認める・気づく・発見などの自分が助けてくれます。

だからこそ

カウンセリングルームSUNの あらかわは、自分を助けてくれる5つを中心としたカウンセリングやカウンセリングのさまざまな療法によって生きやすさのお手伝いをさせていただいております

つまり、カウンセリング療法とは、自分と向きあう・自分を知る・自分を見つめるなどの それぞれのアイテムの1つにすぎないというわけです。


カウンセリングに対して 数多くのカウンセリングルームが存在することなどから 不安な気持ちになってしまうこともわかりますが、

カウンセリングルームSUNあらかわのカウンセリングは、療法そのもののカウンセリングだけでなく「気づきと発見」によって 今までの苦しかった つらかった やりきれなかった気持ちを変化させるカウンセリングです。

わかりやすく言うなれば

カウンセリングルームSUNあらかわのカウンセリングは、「気づきと発見のカウンセリング」によって『 生きやすさを手にするカウンセリング 』ということです。

この機会にカウンセリングルームSUNで、あらたな生きやすい自分と出会ってください。

悩んだときにどうしたらいいですか?

『 これはできる?これはできない? 』『 正しいのかな?正しくないのかな? 』 と、悩む(迷う)ことってありますよね?そんな時 怖がって、できないほうを選ぶことありませんか?

それだともったいないです!

『 自分にはできない 』 と思ったらその時点で止まってしまいます。止まってしまったら、先には進むことはできないので、その先の感情にも気づくことができません。

止まるのではなくて、そんな時には『 できるためには、どうしたらできるかな? 』と自分に質問する作業をしてみてください。そして 『 こうしたら 』 という思いが出てきたら、また質問をしてみてください。

質問はしてみたけれど 『 できない 』 という答えが出たとしたっていいんです。

そんな時には、『 どんな気持ちによってできない? 』『 できるためには、何が必要? 』というように自分に聞いてみてください。『 もしかしたら 』 と、小さなことでも思いつくかもしれません。

質問を繰り返して、いろいろな思いを、めぐらせてみてください。

時に『 ダメだ~ 』 と、どんどん気持ちが落ち込んでいくことがあると思います。そうした時には『 過去に落ち込んだ時はあった?そんな時にはどうした? 』『 あの時は、どう対応した? 』 と質問すると、『 あの時は、ああしたなあ、また同じようにしてみよう 』などと思いだすことで、道が開けてくることがあります。

ただ、本当に迷い悩んでしまった時、自分に質問をするくせがついてないと、どう質問していいか思いつかないと思います。悩んでいる時でなくても、ちょっと困ったな、という時でも簡単な質問からでもいいので、自分に質問をしてみてください。

『 できる? 』『 できない? 』 という質問ではなくて、自分の気持ちが自由に出せるよう いろいろな質問をしてみてください。

普段から質問の練習をしてみてください。


例えば、付き合いの飲み会に行って『 ああこの場に居たくないな~ 』 と思った時、

そう言えないですよね?

そうした時に、『 何で居たくない? 』 と自分に聞いて(問いかけて)みます。

すると、その場では誰にも言えない言葉に出せない声がわきあがってきたりします。そのわきあがってきた、自分のこころの声にも耳を傾けてください。


また、質問の作業は嫌な時だけでなく、気分がいい時も『 楽しかったー 』 で終わらせたらもったいないです。

『 どこが?何が?どうして? 』 って質問してみたら『 これからもやっていきたい 』 と 楽しい感情が深まって『 また楽しみたい 』 と 本気で思えたりもします。

『 ただ、今悩んでいて、質問するくせがついていない、どういう風に質問したらいいのかわからない 』 という人には、私の心理カウンセリングや心理講座によって、自分と向きあうためのクセづけのお手伝いも致します。

私のところにきてもらった時には、どんなことでも隠すことなく気持ちを出してもらっていいのです。

例えば、話の中で『 Aさんが自分に対し、イヤな〇〇って言葉を言ってきた、けど私は何も言えなかった 』 という場合

『 言われた時、どういう風な気持ちだったでしょうか? 』
『 言われた時、Aさんに対してどんな気持ちがわきあがってきたでしょうか? 』
『 もし、どんなことでも言えるとしたなら、何か言いたい!と言った気持ちはありますか? 』
というような質問をしていきます。

つまり『 私が質問をしているという形ではなく、あなたの分身が質問をしていること 』 とお伝えさせて頂いています。

こういった時には、こういう質問をすればいいんだということも含めて感じ取ってもらいます。


悩んで大変な時、自分の気持ちと向き合うことが大切です。そのためには、自分と向きあうためのカウンセリングが必要となります。

誰かに相談したいと思った時やアドバイスを求めている時、話し相手は、否定してくることがあります。(否定していると感じることもあると思います)そうしたら、『 もう話したくない 』 となって、誰かに相談することもなくなってしまい、良い方向にも進んでいきません。

SUNのカウンセラーは、ご相談のお話しに対し、否定をしたり、怒ったりすることもありません。

あなたがお話いただく内容から、あなたの気持ちを引き出して(質問して)いきますので、あとは、向きあえる自分と出合って、希望に向うのみです。

『 さあ、自分で、今のあなたに、質問(問いかけ)してみてくださいね。 』

これでは もったいなさ過ぎ

私のホームページには 当ルームのカウンセラープロフィールのページがありますが、1年間の間に
なぜか 数回 下記のようなお問い合せなどのお電話をいただくことが・・・

「カウンセリングルームSUN(サン)さんでしょうか」「カウンセリングルームSUN(サン)のところでは、女性のカウンセラーはいるでしょうか?私 男性は、ちょっと ということなので・・・」

当ルームは「個人でのルームのため、私以外のカウンセラーはいないことをお伝えし」

その方の過去の環境などから来ている優先思考などの心を感じますと否定をする心もなく女性カウンセラーさん在籍のルームを紹介させていただいておりますが、男性恐怖症などの方ではない方であっても一部の男性の方の中にも、男性は・・・・・・・・と

自分の中のイメージを持ち、偏見を持ち、レッテルなどを貼って遠ざけて敬遠しているひとも見受けられます。

私は、自分の中のイメージを持ち、偏見を持ち、レッテルなどを貼って遠ざけて敬遠しているひとに対し説得をさせていただくこともいたしません(^v^)

なぜなら お見え頂かないことも その方の自由 でありますため♪

ですがこれだけは 言えています(^。^)y。o○

カウンセリングは、女性だから 男性だからと言うことより『どんなカウンセリングをしているカウンセラーなのか?!』重要(^。^)!!!  ということ///

これからも こまっている方々がひとによって困惑してしまったり、流され左右されるのでなく自分の気持ちとむきあえ、何らかに気づき 再決断や自己決断

また、ひとによっては、自立にむかえるお手伝いをさせていただきます(^。^)♪

自立型カウンセリングで心 生き生き

みなさんは自立できる自分でありたいですか!?
それとも、他人にたよる自分を望みますか?

私 あらかわは、ご相談者のみなさんが自分の気持ちに気づけ悩んだ時でも答えに行き着くことを第一とした 自立支援型カウンセリングを行っています。

まず たいせつにしていることは、ご相談者にたいする気持ちや想い(こころ)です。私たちのこころは 常に時間と共に変化したりします。楽しい時間を過ごせた時には表情が明るくなったり、悲しい時などには 涙が出て落ち込んだりネガティブになったりもします。

ネガティブになってしまう背景にはいろんな原因があります。こころが安定している時には、自分の気持ちを素直にみつめ(認める)ることによっていまの自分の気持ちを整理して 次はどうしたい という気持ちがみえてきたりもします。

しかし、こころが不安定だったり悲鳴をあげている時などには、深い霧に包まれてしまいます。そんな時こそ 私あらかわは、相談者の方のカガミ役(もうひとりの相談者役)として気持ちや心を素直に出すことができるお手伝いをさせていただき、お話しを ただ聴いてほしいひとには、「しっかり お話しをお聴きし来談者中心療法など」で答えを求めておられるひとには、「フォーカシングや認知療法・カウンセリング・ワークなど」で相談者のみなさまと繋がらせていただいております。

もう みなさんはおひとりではありません!

こころがモヤモヤされている方。ご自身の気持ちの整理がつかない方。ご自身の気持ち自体が分からなく苦しい方。上司や部下との接し方や人間関係でお困りの方。ひとの評価が気になる方。などなど 精神のお薬を処方されている方。そうでない方。どんな方のこころに対しても しっかり、あらかわはサポートさせていただきます。

ご相談者さまご自身が、話したい時 モヤモヤする時 答えが欲しい時 人間関係をうまくしたい時、自分を知りたい時 など お困りの時には、SUNのカウンセリングやワークなどご活用ください。

ルーム を開いたキッカケ

SUNの荒川が ルーム を開いたキッカケをすこしお話しさせていただきます。私は以前、家族や兄弟とのできごと 職場での人間関係、母の病気、祖母との暮らしの中などの複数の要因で鬱病になってしまいました。

私自身もイヤになり、他人も信じられなくなって、当時、職場もやめてしまいました。そんなどん底だった時にカウンセリングに出合い、私自身のやりがいを見つけ、世の中の役にすこしでもなりたい。その想いから今、カウンセリングをさせて頂いています。

みなさまのお話は、どのようなお話であっても、しっかりお聴きしてこころに寄り添い、 『 これからどのようにしたらいいのか 』 などの未来を照らせるよう お手伝いをさせていただきます。

カウンセラーという仕事のやりがい

カウンセリングの仕事のやりがいは、クライエントさんと一緒に考えたりすることで一緒になって 「いろいろなことに気づけたり、日々成長している」と感じられるところ です。また、私のカウンセリング技法や療法などでクライエントさんの心に変化が表れ、いろんなことに気づいていただけ元気を取り戻していただけることが私のカウンセラーとしてのやりがいです。

それにはクライエントさんのお話を傾聴・共感・受容・共鳴し、そして悩みの本質を見い出し、共に考えることで元気になっていただけるお手伝いのできることがやりがいです。


(成長について思うこと)
カウンセリング中には、気づきを得ていただくために「このクライエントさんには、どのような療法がいいのだろう?」と心で感じ、クライエントさんのお話をしっかりお聴きさせていただいている中で、私が持っているカウンセリング技法や療法などの中から、これ!と思うものを心の引き出しから取り出して、 クライエントさんが気づきや成長につながるように努力 しています。

カウンセリングを終えたあとは、 状況を思い起こし振り返りをします。第3者の視点で、クライエントさんとカウンセラーである私自身を見るような感じです。

クライエントさんが、あの時あのようなお話をされていた。だから、こんな風なやり方もあったかな。次回は○○療法を取り入れてみよう。などと感じたりもします。

そのためには、いろいろな療法なども準備しておかなければ、引き出せませんので、 勉強が大切 となるわけです。

そして、私の場合は、仕事以外の時間、例えばテレビを見ていても「これはクライエントさんにお話したい」と思った出来事や内容は書き留めておきます。

そして、その内容を一工夫させるために頭にいろいろなことが浮かんできたりして、あまり眠れないこともあったりします(笑)

自分の周りにもいろいろなヒントが隠されていたりするわけです。それらを吸収して、自分が広がっていくことも感じたりしています。 「今日の自分より明日の自分」 私が最近よく言う言葉ですが、日々成長していきたいと思っています。

自分に アンテナ をはりめぐらせておくことで、いろいろなものを吸収できるような自分になっています。いろいろな私の「こころの」引き出しから、クライエントさんに、よりあったお話や、 気づきを感じて元気になっていただけてこそ成長 だと思っています。成長を感じられることがうれしいです。

(吸収について思うこと)
例えばテレビですが、吸収しようと思ってテレビを見ているわけではないのです。アンテナをはっている状態だからでしょうか、見ていると、自然と「あっ、この言葉はいいな。私の○○の気持ちは○○だったからなのか」などと思ったりすることがあります。

また、テレビで残虐な事件を起こした犯人について語られることがあります。その行為自体は、許せるものではありませんが、残虐な事件だと思うだけでなく「この犯人はどうしてこのような事件を起こしてしまったのだろう?」「周りからはよい子だと思われていた」「最近は家にいることが多かった」というような情報を知ったときには「その背景には何があったのだろう?」などと思うようになりました。

何からでも、思うことで気づくことがあります。思うというは、私の場合、自分と対話することなのです。

(自分との対話とは?)
例えば、仕事をがんばれない自分がいたとします。「あ~あ、自分はがんばれない」と自分を責める人が多いのではないでしょうか。私だったらまず、がんばれない自分を認めます。自分に「がんばれなかったんだね」と言います。そうすると「じゃあ、どうしよう?」となり次にすすめます。

私は常に自分と対話しています。それによって、100%うまくいくかと言ったら、難しいときもありますがうまくいかなったときも自分に「苦しくないかい?」問いかけます。そうすると、 答えが出てきます。答えが出るようになりました。

私が大切にしている理論で3つのものがあります。この3つは常にクライエントさんや講座を受けに来てくださった方に喜ばれています。興味がもしございましたら、今後一度は、講座などを受けてみてください。この 3つの理論 を知って活かすことで、どのようにしたら良いかの次のステップにも自然と進めます。

これは「心」というものを知るうえで、とても大切なこととなります。ですから、皆さんにも心とは何か、 性格とは何か、勉強するうえでSUNの講座やカウンセリングを活用してもらいたいです。

これからも 「気づきの仕掛け人」 になりたいと思っています。気づきやすくなることで、より自分らしい生き方を選択できるようになると思います。

いじめに対する想い

世間一般の話しですが、テレビなどの討論番組などで、いじめは「いじめる側が悪いが、いじめられる側にも責任がある」などと言う結論に至る場合がよくあります。しかし、いじめは誰が良いか悪いかを決めて解決するようなことではありません。

「いじめが無くならないのは、大人が注意できなくなった。手をあげて叱る大人がいなくなった」と言う方もおります。

現代の社会は、複雑なストレス社会の中で子供も大人も生活をしています。それだけに、以前のように注意したり、手をあげて叱ったとしても、いじめている側は、いじめをやめようとしない人のほうが多いのです。

なぜなら、いじめている側に、こころの中で何らかな傷を負っていたり、ストレスから、本人は悪いとわかっていても、いじめてしまうという場合が多いからです。

このような場合には、いじめている側にも、カウンセリングが必要な場合があります。ですので、いじめられる側にも責任があるということは、カウンセリングルームSUNでは思いません。

ですので、いじめている側の方でも、いじめられている側の方でも、安心して愚痴のようなことでも、どんな小さなことでも、お話しください。

いじめられている側の方は「自分はどうしてこころが弱いんだろう」などと、不安な気持ちから否定的な気持ちになったりしますが、あなたが悪いのではありません。

子供の方へも、大人の方へも、あなたのこころに寄り添ってお話をお聴きしカウンセリングさせていただきます。

東掘り通りをまっすぐ

東堀通りを↓方向へ
どこまでもまっすぐお越しください。カウンセリングルームSUNは日和山展望台の近くです。近くに着きましたらお電話ください。駐車スペースへご案内いたします。

Copyright(c) 2011-2018 新潟市カウンセリングルームSUN. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com